世界共通のコミュニケーションであるインターネットスキルについて、
「特定非営利活動法人」が中立な立場で試験を実施しております。
メーカーなどにかたよらない知識を試すことができます。
ウェブにかかわる全ての人のための、国家検定が誕生。

ウェブデザイン技能検定


インターネットスキル認定普及協会について

私たち、特定非営利活動法人「インターネットスキル認定普及協会」は、
2004年より「ウェブデザイン検定創設ワーキンググループ」を設置し、
ウェブデザインに関する人材育成制度の検討を進めてまいりました。

ウェブサイトの企画・制作にあたっては、単なるサイトのデザインのみならず、
使用するネットワークや周辺機能の特性、システムやアプリケーションの構築、
情報の提供・収集法にいたるまで、様々な高度で専門的な知識・技能が必要とされ、
ユーザーの要望も多岐に渡っていることなど、高度な技能や専門的知識が必要となっています。

このようなことから、関連分野の人材の確保及び育成がますます重要となっており、
ウェブデザインに関する技能を正しく評価する仕組みが必要と考え、様々な活動を行ってまいりました。

平成19年3月30日に、厚生労働省管轄の技能検定試験に「ウェブデザイン」職種を追加することを定めた
「職業能力開発促進法施行令の一部を改正する政令案」が閣議決定されたことを受け、
当協会では「指定試験機関制度」に基づく申請を行うとともに、
引き続きウェブデザインに関する人材育成の一助となるよう活動を進めてまいります。


2020TDM推進プロジェクト参加企業